国試終了後の2月

Dental Student

歯科医師国家試験終了後の2月の生活について

上旬

歯科医師国家試験前日

部活の先輩後輩が応援に来て下さいました。

LINE でも先輩や後輩が応援のメッセージをくれて、とても嬉しかったです。

K君は、その時に明日が歯科医師国家試験であると言う実感が湧いて緊張していました。

みんなの前で一言言わなければいけなかったのも、緊張を加速させる原因だったのかなと思います。

僕が個人的に嬉しかった贈り物は、蒸気でホットアイマスクとスターバックス1000円券です。

もらったリポビタンDは、2日目のお昼に眠気覚ましのために飲みました。

歯科医師国家試験

歯科医師国家試験受験同級生全員が同じホテルに宿泊し、同じバスで受験会場に向かいます。

朝の集合時、みんなの緊張が伝わってきました。

僕はなぜか余り緊張しませんでした。

N君は緊張から顔色が青白く、心無しか震えて見えました。

子犬のように震えていたので、暖めてあげようかと思いましたが、さすがにやめました。

1日目終わって必修の採点をし-6点だったため、少し元気になり2日目を迎えました。

その日の夜、予備校から必修で二日目に出そうな範囲の一覧が送られてくるのですが、僕はもう今更藻掻いても一緒だろうと思い、いつも通り YouTube でテニスの動画や朝倉未来の動画やエ.comの動画を見て就寝しました。

僕は採点をしたけど、これを見てくれている皆さんには自己採点をしないことを勧めます。

というのも友人のk君は自己採点をして-10で眠れなかったらしいので、よほど自信がない限り、自己採点はやめておきましょう。

C 問題 D 問題がかなり簡単だったので解いていくうちに徐々に気持ちが楽になった。

厚生労働省の人たちも1日目よりも緊張しておらずラフな雰囲気。

D 問題の必修が終わったあたりで、もう勉強しなくていいんだという気持ちに包まれた。

試験終了ですと言われ、試験全てが終わったことを改めて感じました。

友人たちと帰りのバスの中で回答が一緒かどうか確認しました。

あまり大きな声で答え合わせをするのはやめましょう。同級生に白い目で見られます。

まぁぼちぼち一緒で安心し、麻布の模範解答が出てから自己採点をしました。

そこでなんとなく自分なりに A 領域 B 領域 C 領域と分けて受かってそうか確認しました。

医歯薬の模範解答はかなり間違えているという情報が事前に入ったので、医歯薬の模範解答を使っている人は少なかったような気がします。

中旬

DESの国試採点結果が出て周りがざわざわしている中、自分はDESの自己採点サービスを利用していなかったため、そわそわしました。

そわそわしてしまう人はぜひ利用しましょう。

研修先へご挨拶

新しい研修先に行き同期との初体面、血液検査などしました。

みんなとても話しやすく、新しい土地での生活への不安は多少緩和されました。

あと検査の結果なんですが、血圧と肝臓の数値が高く C という判定が出ましたのでこれからは味気ないご飯とソフトドリンクで生きていくことになりそうです。

部活の追い出し

硬式テニスだったので2時間ほどテニスをして、その後、懇親会をして、老害の僕は、追い出されることになりました。

味付けの濃いつまみと肝臓を痛めつけるハードドリンクをいただきました。

下旬

フランス旅行、沖縄旅行をして最後の春休みを満喫。

フランス旅行と沖縄旅行は書くことがたくさんありそうなので、またまとめてあげようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました