医歯薬第一回 模試 結果

Dental Student

日本医歯薬研修協会 歯科国試全国模試 131 第一回

総合成績 440/560

得点率 78.6%

学内順位 4位

全国順位 112/1054

全国偏差値 62.5

という結果になりました!

もう少し細かく見ていきましょう。

必修問題 87.5%  2位 61位/1054

一般問題 83.9% 3位 51位/1054

臨床問題 73.0% 17位  246位/1054

やはり臨床問題が苦手なようです。

1問3点圧倒的に足を引っ張っています。

応用力が足りないということですね、もっと臨床を意識して勉強や実習をしていきます。

国家試験では、必修とそれぞれの領域全てで、基準を満たさないと不合格になってしまいます。

ですから、実際の国家試験を見据えると必修、領域の得点率が重要になってきます。

領域A 80% 学内3位 全国 59位/1054

領域B 70.9% 学内31位 全国 376位/1054

領域C 80.8% 学内4位 全国 99位/1054

領域A 歯科医学総論 

領域B 成長発育疾患、歯・歯周組織の疾患  

領域C 顎口腔疾患、顎口腔欠損や機能障害、高齢者

これもとても明らかです。注意すべきは、領域Bですね。

科目別に見ると病理、解剖・組織学、矯正、高齢者歯科学、保存が全国平均を下回るもしくはほぼ同じ値です。

麻布ゼロ模試から勉強し直した、基礎、衛生、補綴系はだいたい結果として現れていました。

前回のゼロ模試の結果

不得意な意識はなかったのですが、こういうところで気づけるのが模試の良いところです。

前回の麻布ゼロ模試の結果よりは、全体的にパワーアップといった感じでしょうか。

だいぶ中だるみしてしまい、8月を夏休みのような気分で過ごしてしまっています。

8/31にDESの模試があるのでどうなってしまうのか笑

…浮かれずに模試の見直しをして、余裕があれば病理、解剖・組織学、高齢者歯科学、保存をもう1度やり直して次の模試に挑みたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました