埼玉医科大学総合医療センター研修の見学

歯科関連

埼玉医科大学医療センター研修を見学してきました。

歯科口腔外科の特徴
当科は地域基幹病院の歯科口腔外科であるため、口腔外科処置を中心とした診療活動を行っている。また院内他科入院中の患者の歯科治療も行っている(有病者の歯科治療)。
なお当センターは三次専門高度救命救急センターを併設し、夜間休日の救急診療体制を整えているため、当科も夜間休日時間外外来を開設している。

http://www.kawagoe.saitama-med.ac.jp/resident/dentistry_resident/shika-1.html

まさにその通りでした。

診療実績
年間外来患者数は約21,000名である。
外来小手術(生検を含む)は約200件で、埋伏抜歯は多数行っている。
入院患者数は外傷4名、炎症48名、骨折39名、腫瘍16名、囊胞62名、抜歯48名、その他19名であった。

http://www.kawagoe.saitama-med.ac.jp/resident/dentistry_resident/shika-1.html

口腔外科処置か6割、有病者の歯科治療が4割、また救急診療に力を入れてます。

研修中の経験目標・到達目標
前述の初期臨床研修プログラムにしたがって評価を受ける
A経験すべき診察法・検査・手技
基本的身体診察法 
口腔の解剖、生理機能に関する基礎的知識の習得。診察による所見の記載。
基本的な臨床検査 
口腔内診査。血液検査。X線検査(CT、MRIを含む)。
基本的手技 
病棟:基本的な病棟処置を習得。 
外来:基本的な歯内療法、保存修復、歯周治療の習得。基本的な補綴治療の習得。 
   基本的な口腔外科の習得。
B経験すべき症状・病態・疾患
頻度の高い疾患 
齲蝕・歯周病、智歯周囲炎、外傷
緊急を要する疾患 
外傷、急性炎症
経験が求められる疾患・病態 
腫瘍、粘膜疾患

http://www.kawagoe.saitama-med.ac.jp/resident/dentistry_resident/shika-1.html

僕が感じた点をまとめます。

6割外科系(外傷が多い)
4割入院患者さんの歯科治療(なんでも)
当直が月に5.6日ある。
2年間
基本的に病院に残れない。
体育会系の医局員
朝早く夜は遅くまであることも多い。
2万円で寮に入れる。(トイレットペーパー無料)
給料は25万円程
コンビニ、小さな食堂がある。
今年から教授が変わった。
全員が私立の大学出身の先生である。

一般的な開業医勤務医よりも外科はするが、一般的な口腔外科よりはしない。だけど、一般的な歯科治療もする。
という感じです。


全身管理を学びながら、将来一般的な開業医勤務医としてやっていく人向けといったところでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました