舌癌について

歯科関連

堀ちえみさんがブログにて

『舌の生体検査の結果、口腔癌(左舌扁平上皮癌)と診断。そして左首のリンパにも、転移している事が判明。ステージ4との告知を受けました。かなり厳しい状況です。舌の半分以上を切除。首のリンパに転移した腫瘍も、同時に切除します。切除した舌には、自分の皮膚の一部を、移植します』

と自らの病状を説明されました。

舌癌について


舌癌は最も多い口腔癌であり、50〜60代に多い病気です。最初は無症状ですが、進行すると触ると痛むようになります。表面がザラザラで、周りが硬くなったり、リンパ節が腫れることもあります。

ステージ4について
①T4,N0〜2,M0
②T1〜4,N0〜2,M1
T:腫瘍の大きさ
N:頚部リンパ節転移
M:肺や骨への遠隔転移

のどちらかでステージ4とされます。
ステージ4の5年生存率は45%です。

治療について
早期発見すれば、組織内照射法で治癒しますが、基本は切除となります。
ステージ4ですと、腫瘍切除術+頸部郭清術となり、また腫瘍切除部位に腕の皮膚やお腹の皮膚などを用いて再建手術も行うと予想されます。
頸部郭清術とは転移したリンパ節を取り除く手術です。その広がり具合により取り除く組織の量が違ってきます。

5年生存率についてですが、ステージ1で91%、ステージ2で80%と早期発見が早期治療に繋がります。定期的に歯科医院さんに行かれる際は歯以外の部位にも異常が無いか見てもらうことも必要です。
堀ちえみさん、心から快癒をお祈りします。

#歯科医師#dentista#dentist#歯科矯正#審美歯科#小児歯科#インプラント#インビザライン#歯科医師国家試験#アンチエイジング#健康#歯医者#歯#豆知識#情報#医療#フロス#歯周病#医療#学生#歯学部#大学受験#美容#舌癌#堀ちえみ#ステージ4

コメント

タイトルとURLをコピーしました