歯科はサイエンスとアートの融合である

歯科はサイエンス(科学的な根拠)であるが、アート(個性)も大きい部分を占めます。

サイエンスとしての歯科が対象とするのは歯、歯周病などの疾患であって、人格ではありません。

これに対して、アートとしての歯科が対象とするのが患者の人格であって,それは複雑で様々です。

医師および医療従事者は、複雑性・多義性に満ちたさまざまな患者さんに対し、鋭い洞察力、豊かな想像力そして個々の患者の人格に関する深い理解をもって、適切な医療行為を提供できるようになるため、生涯をかけ、サイエンスとアートの両方の部分に研鑽を積むことが求められています。 


Clinical medicine is unquestionably science, but medicine also occupies a large part of art. Clinical medicine as a science covers the physical body, not the personality. On the other hand, the subject of clinical medicine as art is the patient’s personality, which is full of complexity and ambiguity. Physicians and medical professionals will be able to provide appropriate medical practices with a deep understanding of sharp insight, rich imagination and the individual patient’s personality to various patients with complexity and ambiguity Therefore, it is required to put on a lifetime and to study hard on both parts of science and art.

参考文献 
山形大学紀要. 医学 : 山形医学 巻27号1開始ページ1 2009-02-16 

コメント

タイトルとURLをコピーしました